バイク免許の取り方 | バイク免許を取ろう | Webike【ウェビック】

バイク免許を取ろう!

コミュニティ教習日記

納車しました!
とりさん さん 2017年5月26日

先日とうとう納車されました!Ninja250!これから楽しみです!

この続きをもっと読む
ご利用上の注意

Webikeの教習所お申込みサービスは、株式会社ディーエスイーネットコンサルティングとの提携サービスです。運営元のプライバシーポリシーにつきましては、こちら をご覧下さい。

画像提供:モーターマガジン社

免許丸わかりガイド

日本は、世界有数の“バイク技術大国”ということをご存知ですか?
4大メーカーといわれるホンダ・スズキ・カワサキ・ヤマハをはじめ、日本のバイクは世界中で支持されています。

バイクには、他の乗り物にはない魅力、違う良さがあります。まず、一番多くの方が最初に思い浮かべる楽しみは、バイクで遠くに出かけることではないでしょうか?「バイクの免許を取ったら、まずツーリングに出かけたい!」と思っている方は多いでしょう。中には、友達に「一緒にツーリング行こうよ」と誘われたのがきっかけでバイク免許を取ったという人もいるかもしれませんね。

特別に気合を入れて遠くへ行かなくても、ツーリングは楽しめます。初めのうちは、普段の生活圏をほんのちょっと広げて、知らない場所へ行ってみるだけでも充分!そのうち、バイクにいっぱい荷物を積んで、キャンプツーリングするようになるかも!

次に人気のある楽しみ方は、なんといってもカスタム!バイクのパーツを取り替えて、
自分好みに改良することです。バイクは趣味性の高いものです。
それだけに、「人とは違うデザインにしたい」などのこだわりを持つ人がたくさんいます。
メカが大好き!機械いじりが大好き!という方も、特に男性では多いようですね。
バイクショップでは、多様な好みに合わせたいろいろなパーツが並べられており、
予算と相談しながら“自分だけのオリジナルバイク”を作る・・・
この楽しみが理解できる人、たくさんいるのではないでしょうか?

また、バイクを持っていけない旅行先でも、免許さえあれば
レンタルバイクが利用できます。島への旅や海外など、
その土地をよりよく味わうにはバイクが最適!
クルマよりきめ細かく、自転車より広範囲に回れます。

このように、バイクのある生活というのは、小回りがきくので
フットワークよく活動できるし、自分のバイクを思いのままに
仕上げることで個性を発揮できるし、ライディング技術を磨くことで
自分自身とより深く向き合うことができます。

皆さんも、バイク免許を取得して、ライダーならではの愉しみを広げてみませんか?

  • 大型二輪免許の取り方
  • 普通二輪免許の取り方
  • 小型二輪免許の取り方
  • 原付免許の取り方
  • AT限定免許について
  • 普通免許(四輪)取得済みの場合
PAGE TOP